活動案内

ホーム > 活動案内 > わたしたちの考え方

わたしたちの考え方

営利目的の業者ではありません

プール・ボランティアは、障がい者・高齢者の水泳指導を「請け負う」業者ではありません。プール・ボランティアの活動は、事務局ボランティア会員利用会員の三者がお互いに協力しあって育てていく共同事業です

活動のねらい

プール・ボランティアでは水泳のストロークを教えるより前に、水と親しみ、水遊びの楽しさを伝えることからはじめます。「今日は楽しかったなあ。また、プールに来たいなあ。泳ぐことって楽しいなあ。」障がい者や高齢者のみなさんに、そう感じてもらうことがねらいです。目標は、25mを泳げるようになることです。

5大特徴

1. 障がい者専用施設でなく、一般市民プールを利用しています

障がい者も健常者と同じようにプールに行ける社会の実現を目指し、ノーマライゼーションの推進に寄与したいと考えています。そのために、障がい者用施設で、障がい者を隔離して泳ぐのではなく、一般市民が利用する公営プールで、一般の利用者のみなさんの理解を得ながら活動しています。トラブルがあったとしても、それがノーマライゼーションの第一歩だと考えています。

2. 保護者はプールには入りません

障がい児の親子スイミングは、よくありますが、プール・ボランティアでは保護者は観覧席で見学して頂いています。「保護者や学校の教師以外の人(ボランティア)と出会い、一緒にプールに入ることで障がい者(児)自身が、コミュニケーションをとる力がついてきた」との声が多いです。また保護者のみなさんが、しばしの時間、子どもと離れてのんびり過ごしてもらえることも利点の1つです。

3. 完全マンツーマン体制です

身体障がい者(児)、知的障がい者(児)を問わず完全マンツーマン体制、もしくはそれ以上の体制でサポートしています。水の中での活動ですので安全を第一に考え、子ども達の性格や障がい、体格にあわせてボランティアとの組み合わせを考えています。

4. 有償で活動しています

お金をいただくことにより、事務局と障がい者の間で、風通しのよい対等な関係を作りだすことができ活動が長続きしています。

5. オンリーワン

こういう活動を実践しているのは、日本中では他にはないと思います。そして、こういう活動を「泳げるボランティア」を活用して、NPOが運営していることも、他にはない先駆的な事業です。

活動当日の流れ

  1. ロビーで利用者(保護者含む)とボランティアスタッフが会います。
  2. 「申し送りノート」を読みます。
  3. 入場受付を済ませます。
  4. 保護者が本人の更衣を担当します。
  5. 保護者からボランティアスタッフへ本人をバトンタッチ
  6. シャワー → 準備体操 → 入水 → 水泳指導(約1時間半)
  7. 退水 → 整理体操 → シャワー → 保護者に合図を送って更衣室でバトンタッチ
  8. ボランティアスタッフはロビーで「申し送りノート」に記入します。
  9. 本日のプールでの様子を保護者にお話します。
  10. 終了・解散です。