ニュース

2012年のニュース

PV応援団100人キャンペーン実施中!

掲載日:2012年8月11日 更新日:2015年1月23日

PV応援団100人キャンペーンのチラシ

みなさまへ

前略 平素は、プール・ボランティアの事業にご協力を賜り、ありがとうございます。 さて、PVは今年度に「認定NPO」の取得を目指しています。 認定NPOになりますと、企業や個人からの寄付金について税制上の寄付控除が認められるためNPOとしての支援が受けやすくなるのです。 認定NPO取得の条件は、「年間3,000円以上の寄付者が100名以上いること。」です。 現在、PV応援団82名。あと18名が必要です。

ぜひ、一人でも多くの方にご支援いただいて、認定NPOになれますようご協力をお願いいたします。PV応援団の申込用紙を同封しております。 よろしくお願いいたします。 進捗状況は、随時、れんらく帳にて掲載いたします。

草々

2012年5月吉日
特定非営利活動法人プール・ボランティア 理事長 岡崎寛

認定NPOになると

認定NPOに寄付をした個人や企業は、寄付控除が受けられるようになります。

(年間寄付額-2000円)×40%=税金控除額

ということは、

年間10万円の寄付をしたら
(10万円-2000円)×40%=39,200円

39,200円が所得税から返ってきます。(さらに自治体によっては住民税の一部も返ってくることもあります。)

たとえば、「所得控除」の場合だと、

寄付金の合計額-2,000円=(寄付金控除額)

(例)年間10万円を寄付したら、
100,000-2,000=98,000円
寄付した人の所得税率が、もしも50%だったら、
98,000×50%=49,000円 税金が返ってくることになります。
ただ、所得税率が50%というのは、よっぽどの高額納税者の場合です。
一般的には「寄付金控除」だと思います。