団体案内

ホーム > 団体案内 > 設立趣旨

設立趣旨

 プール・ボランティアは、障がい者も高齢者も健常者と同じようにプールを楽しめる社会の実現を目的としています。  

 水の中を歩く動作、浮力を活用しての運動、水圧や水の刺激と呼吸など、リハビリテーションを含め水泳や水を活用しての運動は、障がい者や高齢者にとって生理学的にも心理学的にも、また、社会学的にも大変に良い効果があります。(日本赤十字社 水上安全法講習教本)  

 私たちはこれら「水」の特性に着目し、障がい者や高齢者をプールに案内し、楽しく安全に「水」に親しんでもらおうと考えました。しかし、陸上でのボランティアはたくさんいますが「水」の中のボランティアはほとんどいません。  

 そこで、1999年5月22日、文部大臣認定の水泳教師、日本赤十字社の水上安全法・救急法の指導員、ライフセーバー、スキューバーダイビングのインストラクターなど「水」の専門家が集まって「プール・ボランティア」という非営利目的の団体を設立しました。障がい者も高齢者も一般の健常者と同じようにプールへ行くことができたら、どんなにすばらしいでしょう。  

 ところが現実には、まだまだ「水」の世界にはバリア(障壁)がいっぱいなのです。  

 私たちは、障がい者も高齢者も健常者と同じようにプールに行ける社会の実現を目指し、ノーマライゼーションの推進に寄与したいと考えています。

 そのほかにも「人に優しいプール」をテーマに、障がい者や高齢者の視点に立った「プールのバリアフリーマップ」の作成やプールの設計段階から運営管理まで、相談・提言も行っています。

スロープから入水

  • 「バリアフリー」 障がい者や高齢者が生活する上で、障壁がないという意味
  • 「ノーマライゼーション」 健常者も障がい者も全く同じように生活すべきだという考え方