ボランティア

ホーム > ボランティア > ボランティア会員になるには

ボランティア会員になるには

泳ぐことが好きな人なら誰でも楽しめるボランティアです。一緒に水の中でボランティアしませんか?

「水の中ならどんとこい!」という人を求めています

 人の命を預かることになるので、そのくらいの頼もしさが必要です。障がい者水泳に関する知識や技術は後からついてくるでしょう。障がいのある人がもっと気軽にプールを利用できるよう一緒にボランティアしましょう。

ひとりひとりの個性に合わせた水泳指導をしてください

 プール・ボランティアでは水泳のストロークを教えるより前に、水と親しみ、水遊びの楽しさを伝えることからはじめます。「今日は楽しかったなあ。」「またプールに来たいなあ。」「泳ぐことって楽しいなあ。」障がい者や高齢者のみなさんに、そう感じてもらうことが大切です。楽しくなければどんなスポーツでも長続きはしません。25mを泳げるようにすることが目標です。

対象者は障がい者・障がい児、高齢者です

 知的障がい者および全盲、脳性まひ、片まひ、車いすなどの身体障がい者、高齢者です。

ボランティア会員になるためには条件があります

  1. プールの水底におヘソがつけられること。
  2. 笑顔で人と接することができること。
  3. パソコンもしくは携帯電話のメールアドレスを持っていること。
  4. ボランティア会費(月々500円)ゆうちょ銀行から自動引落しです。
  5. ゆうちょ銀行に本人名義の口座があること。(交通費振込み用)

※うつ病などの心身症や肝炎、知的障がいをお持ちの方は、必ず事前にご相談ください。

水泳や障がい者に関する資格は特に必要ありません

まず、事務所で面接を行います。 その際には以下のものをご持参いただきます。

  1. 入会金3,000円
  2. 初回の月会費500円
  3. 身分証明書(運転免許証、健康保険証など)
  4. 水着とゴーグル(参考までに拝見します)
  5. ゆうちょ銀行の口座番号(交通費振込み用)
  6. ゆうちょ銀行口座の印鑑(会費引き落としのため)

交通費は、1回の入水につき500円を支給します

3,000円を越えたら郵便局の口座に送金いたします。

その他

  • 完全マンツーマン体制です。(たとえば、5人の障がい児に5人のボランティア)
  • ひと月に1回のペースでもかまいません。(年間10回以上を目安にしてください。)
  • 1回のボランティア活動は約2時間です。2時間を越えることはまずありません。
  • 活動プールは、大阪府、兵庫県、奈良県内の一般市民プールです。
  • ボランティアは介護者として入水しますのでプール利用料等の負担はありません。
  • プールのロビーで集合、解散です。
  • 退会はいつでも自由です。

詳しくは、面接時にお聞きください。