ボランティア

ホーム > ボランティア > ボランティア募集

ボランティア募集

泳げるボランティアスタッフ募集!

水の中ならドンとこい!というあなた、一緒にプールに入りませんか?

プール・ボランティアは、障害児の水泳教室や、障害者に気軽にプールを楽しんでもらうための活動などを行っているボランティア団体です。

プール・ボランティアでは、障害児にマンツーマンで水泳指導をしてくれるボランティアスタッフを募集しています。泳ぐことが好きな人なら誰でも楽しむことができるボランティアです。

現在、大阪府・兵庫県・奈良県の公営プールで活動中です。

元水泳部員やマスターズスイマーなど、普段は自分で泳ぎながら得意な水泳を活かして、ボランティア活動している人も多くいます。10代から70代のスイマーが集まって、優しく、時には厳しく、泳ぎを教えています。

プール・ボランティア活動中の水中写真

障害児たちは、25m泳げるようになることを目標に頑張っています。

しかし現在、その泳ぎを教えるボランティアスタッフが不足しています。利用待機の障害児もおり、ボランティアが増えれば受け入れることができるようになります。子どもたちに、水の楽しさや泳ぐ素晴らしさを教えていただけませんか?

お休みや、会社、学校帰りに一緒にボランティアしませんか?

「水の中ならどんとこい!」という人を求めています

人の命を預かることになるので、そのくらいの頼もしさが必要です。障がい者水泳に関する知識や技術は後からついてくるでしょう。障がいのある人がもっと気軽にプールを利用できるよう一緒にボランティアしましょう。

ひとりひとりの個性に合わせた水泳指導をしてください

プール・ボランティアでは水泳のストロークを教えるより前に、まず、水と親しみ、水遊びの楽しさを伝えることからはじめます。

「今日は楽しかったなあ。」「またプールに来たいなあ。」「泳ぐことって楽しいなあ。」障がい者や高齢者のみなさんに、そう感じてもらうことが大切です。

25mを泳げるようにすることを目標にしています。

対象者は障がい者・障がい児、高齢者です

知的障がい者および全盲、脳性まひ、片まひ、車いすなどの身体障がい者・障がい児、高齢者です。

ボランティアスタッフになるための条件

  1. プールの水底におヘソがつけられること。
  2. 笑顔で人と接することができること。
  3. パソコンもしくは携帯電話のメールアドレスを持っていること。
  4. 郵便局に本人名義の口座があること。(交通費振込み用)

※水泳や障がい者に関する資格は特に必要ありません

おもな活動場所(プール)

毎週日曜日

  • 10時 東成屋内プール
  • 14時 豊中・豊島温水プール

毎週火曜日

  • 18時30分 扇町プール

毎週水曜日

  • 18時30分 旭屋内プール

毎週木曜日

  • 18時30分 東成屋内プール

毎週土曜日

  • 10時 扇町プール
  • 14時 奈良・西部生涯スポーツセンター

交通費は、1回の入水につき500円を支給します

3,000円を越えたら郵便局の口座に送金いたします。

その他

  • 完全マンツーマン体制です。(たとえば、5人の障がい児には5人のボランティアスタッフがつきます)
  • ひと月に1回のペースでもかまいません。(年間10回以上を目安にしてください。)
  • 1回のボランティア活動は約2時間です。
  • ボランティアスタッフは介護者として入水しますのでプール利用料等の負担はありません。
  • プールのロビーで集合、解散です。
  • 退会はいつでも自由です。

まずはメールでご応募ください

  1. まずは、必要事項をお書き添えのうえ、メールでご応募ください。
  2. プール・ボランティア事務所から折り返しお返事します。
  3. 事務所(大阪)で面接を行います。
  4. プール・ボランティア開始です。