ボランティアをしたいabout volunteer

ボランティアをしたい

泳ぐことが好きな人なら誰でも楽しめるボランティアです。
一緒に水の中でボランティアしませんか?

ボランティアの内容

「水の中ならどんとこい!」という人を求めています

「水の中ならどんとこい!」という人を求めています

人の命を預かることになるので、そのくらいの頼もしさが必要です。
障害者水泳に関する知識や技術は後からついてくるでしょう。
障害のある人がもっと気軽にプールを利用できるよう一緒にボランティアしましょう。

ひとりひとりの個性に合わせた水泳指導をしてください

プール・ボランティアでは水泳のストロークを教えるより前に、水と親しみ、水遊びの楽しさを伝えることからはじめます。

今日は楽しかったなぁ またプールに来たいなぁ 泳ぐことって楽しいなぁ

障害者や高齢者のみなさんに、そう感じてもらうことが大切です。 楽しくなければどんなスポーツでも長続きはしません。25mを泳げるようにすることが目標です。

対象者は障害者・障害児、高齢者です

知的障害者および全盲、脳性まひ、片まひ、車いすなどの身体障害者、高齢者です。

ボランティア会員について

ボランティア会員になるためには条件があります

ボランティア会員になるためには条件があります

  1. プールの水底におヘソがつけられること。
  2. 笑顔で人と接することができること。
  3. パソコンもしくは携帯電話のメールアドレスを持っていること。
  4. ボランティア会費(月々500円)ゆうちょ銀行から自動引落しです。
  5. ゆうちょ銀行に口座があること。(交通費振込み用)

※うつ病などの心身症や肝炎、知的障害をお持ちの方は、必ず事前にご相談ください。

水泳や障害者に関する資格は特に必要ありません

水泳や障害者に関する資格は特に必要ありません

まず、事務所で面接を行います。
その際には以下のものをご持参いただきます。

  1. 入会金3,000円
  2. 初回の月会費500円
  3. 身分証明書(運転免許証、健康保険証など)
  4. 水着とゴーグル(参考までに拝見します)
  5. ゆうちょ銀行の口座番号(交通費振込み用)
  6. ゆうちょ銀行口座の印鑑(会費引き落としのため)

ボランティア活動内容について

  • 完全マンツーマン体制です。(たとえば、5人の障害児に5人のボランティア)
  • ひと月に1回のペースでもかまいません。(年間10回以上を目安にしてください。)
  • 1回のボランティア活動は約2時間です。2時間を越えることはまずありません。
  • 活動プールは、主に大阪府内の一般市民プールです。
  • 交通費は、1回の入水につき500円を支給します。
    (3,000円を越えたら郵便局の口座に送金いたします。)
  • ボランティアは介護者として入水しますのでプール利用料等の負担はありません。
  • プールのロビーで集合、解散です。
  • 退会はいつでも自由です。

詳しくは、面接時にお聞きください。

ボランティアの声

ボランティア会員からの声を掲載しています。

子どもたちの成長を見ることが1番の楽しみです

プールに置いてあったボランティア募集のチラシを見て、母親に相談してからホームページで応募しました。水泳部でしたし、将来に役立つと思いました。
ボランティアの面接で「とりあえず、やってみて嫌になったら、やめたらいいよ。」と言われ、気持ちが楽になりました。今は平日の夕方や日曜日に活動しています。
子どもたちの成長を見ることが1番の楽しみです。今までは、学校で自分が教えてもらう立場でしたが、ボランティアでは自分が子どもたちに教えて、上手に泳いでくれたときはすごく嬉しいです。PVをやらなければ会うことのなかった様々な世代のボランティアさんとの出会いも楽しみの一つです。

女性

Nさん

  • 女性・10代(高校生)
  • PV歴6ヶ月
  • 中学・高校水泳部出身

ボランティア活動は自分の楽しみももらえるもの

通っていた学校に掲示してあったボランティア募集のチラシを見て応募しました。
ボランティアをやったことはありませんでしたが、実際にやってみて、ボランティアの概念が変わりました。以前は「ボランティアは誰かにやってあげるもの」だと思っていました。
でも、実際にやってみると、障害者(障害児)の元気な笑顔に会えたり、ボランティア仲間に会えたりして、自分が得るものも多いことに気づきました。
ボランティア活動は、ちゃんとギブ アンド テイクの関係で、自分の楽しみももらえるものだと、今は感じています。

実際にやってみると、
自分が得るものも多いことに気づきました。

男性

Iさん

  • 男性・20代(専門職)
  • PV歴1年
  • フィットネスクラブのインストラクター経験あり

頑張っている姿に勇気づけられます

活動を通して普段触れ合う機会が少ない障害のある子どもたちと接することができ、また子どもたちが一人一人頑張って泳いでいる姿をみて逆に勇気づけられることもあります。他のボランティア会員の方達や職員の方達はとても丁寧にいろいろと教えて下さるので、初めて受け持つ子どもとプールに入るときでも安心して活動することができています。

女性

Mさん

  • 女性・20代(看護師)

会員からの声を
もっと見たい

他の病院の看護師と意見交換ができて楽しい

看護師になるとシフト制であり、研修、会議でなかなか日が合わなかったりしますが、看護学校の1年、2年前半はまだ実習がないので土、日、長期休暇は参加しやすいと思います。私は学生時代に放課後や土曜日などスイミングの短期水泳教室でアルバイトをしていました。PVに参加してよかったなぁ~と感じたことは、PVに参加すると他の病院の看護師と意見交換ができて楽しいことと、子供の笑顔に癒されることです。皆さんも是非参加してみてください。

女性

Tさん

  • 女性・20代(看護師)

今は小児科で働いています

活動して3年になります。今は小児科で働いています。子供も水泳も大好きで、私に何かできればな、という思いでプール・ボランティアに入りました。活動している今、出会う利用会員さん(障害者・障害児)から学ぶことばかりで、私にとってプール・ボランティアは自分自身を成長させてくれる所です。活動はもちろん楽しいのですがスタッフの方やボランティアさんと過ごす時間もとても楽しいです。気分転換に一緒に参加しませんか。

女性

Aさん

  • 女性・20代(看護師)
  • PV歴3年

ボランティアしながらたくさんプールに入れることが嬉しい

泳ぎに行ったプールでボランティア募集のチラシを見て、応募の電話をしました。休みの日に家でダラダラしているのも不健康ですし、何か始めたいと思っていました。プールが好きなので、たくさんプールに入れるのも、この活動の嬉しいところです。また、ボランティアを続けていると、いろんな人に出会えます。普段は、職場と家との往復だけですが、週末に子どもたちや他のボランティアさんと一緒に活動するのは新鮮です。

男性

Kさん

  • 男性・30代(嘱託職員)
  • PV歴2年半
  • 中学・高校水泳部出身

出来る事をふやしてほしいと願って

ボランティアを始めて2年になります。小さい頃からだが弱くて水泳を習わせてもらって水泳が大好きになり、体も心も丈夫な大人になれました。私が大好きな水泳をつうじて子供達にも出来る事をふやしてほしいと願ってお手伝いをしています。子供達の笑顔と成長に癒され励ましてもらえる時間がとても心地よいです。

女性

Yさん

  • 女性・30代(看護師)
  • PV歴2年

少しでも喜んでもらおうと思いながら活動を続けてきました

近所のプールでボランティア募集のチラシを見て、ホームページから応募しました。いろんな子どもがいて、それぞれから違う反応が返ってくるので、それが面白いです。力不足ですが「こんな私でも何か出来るかも。少しでも喜んでもらおう」と思いながら、今まで活動を続けてきたように思います。悩むこともありますが、それをまた次回の糧にして活動を続けています。

Dさん

こんな私でも何か出来るかも。
少しでも喜んでもらおう。

女性

Dさん

  • 女性・40代(介護福祉職)
  • PV歴2年
  • 社会人になってからフィットネスクラブでエンジョイスイム

子育て経験を踏まえ毎回新たな気持ちで接するよう心掛けています

ボランティア募集のチラシを手にしてから半年後にその存在を思い出して、電話しました。子どもとマンツーマンでゆったり接することに魅力を感じて、参加を決めました。普段は、仕事で機械が相手ですが、休日のボランティアでは、相手の気持ちを推量ったり、ある時は言葉を用いずに気持ちのキャッチボールをすることが、自分にはとても大切な時間です。プライベートでの子育て経験を踏まえ、ボランティア活動では、毎回新たな気持ちで、子どもたちに接するよう心掛けています。ボランティアで1番楽しいのは、子どもたちに会って癒されることと世代の違うボランティア同士が一緒になって活動するところです。

Mさん

自分にはとても大切な時間です。

女性

Mさん

  • 女性・50代(会社員)
  • PV歴4年
  • スイミングインストラクター経験あり。子育て経験あり

無理せずにやることでボランティア活動が良い息抜きに

偶然、立ち寄った施設でボランティア募集のチラシを見つけ、応募しました。「何かボランティアでもやろうかな」と思っていたので、タイミングが良かったです。活動を続けていると、子どもたちの成長を見ることができるので、とても嬉しいです。水を怖がっていた子も、どんどん泳げるようになるし、背も伸びて大人っぽくなっていく様を見ていられるのは、幸せです。この5年間、週に1回のペースで、無理せずにやっているので、活動自体が良い息抜きになっています。

男性

Mさん

  • 男性・50代(会社員)
  • PV歴5年
  • 自宅から海が近く、幼い頃から水に親しむ

医療の場では見られない水の中の笑顔

プ-ルボランティアは「楽しさのおすそわけ」医療の場では見られない水の中の笑顔とっても素敵です。

女性

Uさん

  • 女性・50代(看護師)

障害者(障害児)の意外性や可能性を大切にしています

仕事を辞めた後、やることもないので近所のスポーツクラブに通い、これまで苦手だった水泳にも挑戦してみようと習い始めました。ちょうどその頃にボランティア募集の新聞記事を見て、募集条件をクリアしていたので軽い気持ちで登録しました。仕事を辞めて、時間的な余裕はあったので、活動は苦にならず、これまで続けてくることができました。活動継続の秘訣は、あまりしんどくない程度にやることだと思います。活動では、障害者(障害児)の意外性や可能性を大切にしています。「これはできない」と思い込まずにサポートしていると、思いもよらないことが出来たりします。それを発見するのが活動の楽しみです。

Oさん

これまで苦手だった水泳にも挑戦してみようと習い始めました。

女性

Oさん

  • 女性・60代(無職)
  • PV歴8年
  • 退職後、水泳を始める。現在はマスターズ大会にも出場

TOP